『思ったよりも寂しくない』MV考察

 

以下はすべて個人の考えであり、誰かに強制するものではありません。また、このブログを書くにあたって、ファンのツイートなども参考にしました。

 

引用元:櫻坂46『思ったよりも寂しくない』

Director:後藤匠平

Choreographer:TAKAHIRO

Producer:橋本寛人(AOI Pro.)・渡辺敬太(isai Inc.)

Production:isai Inc.

 

「思ったよりも寂しくない」MVは「Nobody’s fault」MVとほぼ同じチームで制作されました。「Nobody’s fault」MVはストーリー性のある作品となっており、今回の「思ったよりも寂しくない」MVもそのような傾向が見受けられます。

 

各メディアサイトで記事になっているように、MUSIC VIDEOが公開されるたびに公式からある程度のテーマが発表されます。例えば、「Nobody’s fault」は「自由への渇望と絆」、「BAN」は「あきらめない強さ」がテーマでした。

そして、「思ったよりも寂しくない」のテーマは、「仲間の大切さと一歩踏み出す勇気」です。

 

0:00 道を塞ぐ何か

MUSIC VIDEOは山﨑天が「道を塞ぐ何か」の前に一人で立っているシーンから始まります。

 

これは余談ですが、よく見てみると画面右にうっすらと虹が架かっているのがわかります。

 

そして、何かに気づいたように山﨑天が後ろを振り返るところから曲が始まり画面が切り替わります。

 

 

0:15 私のことなんて誰もきっと興味ないと思ってた

山﨑天が自転車を漕ぎながら歌うシーン。背後には「カラフルで楽しそうな何か」がたくさんあります。

 

しかしながら、この「カラフルで楽しそうな何か」もまた「道を塞ぐ何か」になり得て、実際に道を塞いでいます。

 

自転車・キックボード・カート・車など思い思いの方法で前へ進んでいきますが、背後にそれらが見えることから、彼女たちは「カラフルで楽しそうな何か」とは反対の方向へ進んでいることがわかります。

 

 

1:43 道を塞ぐ何か

楽しそうに踊りながら進む彼女たちの表情が一変。「道を塞ぐ何か」に “初めて” 遭遇します。

 

 

2:07 後戻り

「道を塞ぐ何か」から遠ざかっていく映像が続きます。したがって、彼女たちがもといた「カラフルで楽しそうな何か」へ引き返そうとしていることがわかります。

 

後戻りする途中、車に乗っている山﨑天はビデオカメラで「道を塞ぐ何か」を映像に収めているように見えます。

 

そのときに撮ったものと思われる映像が3:25で確認できます。

 

 

彼女たちの居場所

さて、ここで彼女たちの居場所を整理しておきましょう。

彼女たちは一本の道の上にいます。前述した通り、その道は「カラフルで楽しそうな何か」と「道を塞ぐ何か」によって、両方向とも塞がれています。

時系列だと、最初「カラフルで楽しそうな何か」にいた彼女たちは前へ進みましたが、「道を塞ぐ何か」に阻まれて、「カラフルで楽しそうな何か」へ引き返そうとしているというのがここまでの流れです。

MV開始直後の山﨑天が「道を塞ぐ何か」の前で一人立っているシーンは、時系列だとこれよりも先の話になります。

 

 

2:13 思い出

「カラフルで楽しそうな何か」へと戻った彼女たち。

 

山﨑天は「道を塞いだ何か」を撮ったときと同じビデオカメラでそのときの様子を収めます。

 

夜にはキャンプファイヤーを楽しむ彼女たち。

 

山﨑天はその様子もビデオカメラに収めます。

 

 

3:05 ビデオカメラ

山﨑天はビデオカメラを持っていた手を下ろし、一瞬寂しそうな表情を見せます。

 

そして、そのビデオカメラで撮影された映像が次々と流れます。

 

 

3:15 そばにいてほしかった

その夜、山﨑天は立ち上がり、ビデオカメラを片手に「カラフルで楽しそうな何か」とは反対の方向、つまりは「道を塞ぐ何か」へと一人で歩いて行きます。

 

 

3:42 私のことなんて誰もきっと興味ないと思ってた

目の前には「道を塞ぐ何か」。山﨑天がこれを目にするのは、2回目ということになります。

ここでMV開始直後の映像と繋がります。何かに気づいた様子の山﨑天。

 

振り返ると、後から追ってきた仲間の姿が。

 

ここからダンスシーン。背後に「道を塞ぐ何か」が見えていることから、彼女たちは「カラフルで楽しそうな何か」の方向を正面に踊っていることがわかります。ここのシーンは、全体の中で最も激しく強いダンスが印象的です。

 

 

3:57 道を塞ぐ何か

彼女たちは「道を塞ぐ何か」に向かって走り出します。

 

途中、山﨑天に「行くぞ」と言わんばかりの仕草を見せる一期生。

 

あのとき以来、再び「道を塞ぐ何か」と対峙する彼女たち。

 

山﨑天が扉を開けて、彼女たちは前へ一歩踏み出します。

 

櫻坂46全メンバーの名前がクレジットされ、MVは終わりを迎えます。

 

 

4:51 思ったよりも寂しくない

道に置かれたままのビデオカメラ。

 

主に山﨑天が撮影しており、彼女が一人で「道を塞ぐ何か」へ向かうとき唯一持って行ったのがこのビデオカメラです。

 


 

 

MUSIC VIDEO全体を振り返ります。

彼女たちは一度「カラフルで楽しそうな何か」を離れて前へ進もうとしましたが、「道を塞ぐ何か」を知って、「カラフルで楽しそうな何か」へ後戻りします。

そのあと、たった一人で「道を塞ぐ何か」に挑む覚悟を決めた山﨑天は、仲間との思い出をビデオカメラに収めることにしました。

一人で歩いて行くにあたって、寂しさを紛らわすせめてもの救いとして、彼女はビデオカメラを選んだのでしょう。

ここでのビデオカメラは「仲間との思い出」を象徴するものとして描かれています。

より正確に言うと、逆説的に「孤独」を象徴するものとして描かれています。

 

「道を塞ぐ何か」の前に一人で立つ山﨑天が後ろを振り返ると、彼女を追ってきた仲間の姿が。「いつもとは違う道歩こう どこへでも」。

ビデオカメラを持って行くことなく、彼女たちはそれぞれ先へと進んでいきます。

道に置かれたままのビデオカメラ。

なぜ、彼女はビデオカメラを持って行かなかったのでしょうか。

ここでのビデオカメラは「一歩踏み出す勇気」を象徴するものとして描かれています。

つまりは、見方を変えると、ここでのビデオカメラは「カラフルで楽しそうな何か」の象徴なのです。

 

 

では、「カラフルで楽しそうな何か」と「道を塞ぐ何か」はそれぞれ何を表しているのでしょうか。


 

最後までお読みいただきありがとうございます。

皆さんの感想や考察も教えてくださると嬉しいです。

 

error: