▶︎ 「恋心」Music Video

山﨑天さん主演「恋衣」MV考察 imase×キリン 午後の紅茶 ミルクティー ホット

キリン 午後の紅茶×imase「恋衣」Music Video

この作品は、キリン「午後の紅茶 ミルクティー ホット」とimaseさんのコラボレーションソング「恋衣」のミュージックビデオ。山﨑天さんが主演として出演した。吹奏楽部の高校生を演じる山﨑天さんは大会の本番に向けて練習に打ち込んでおり、滝澤エリカさん演じる吹奏楽部の友人とのホットミルクティーを通じた「気持ちまであたたかくなるワンシーン」が描かれている。

imaseさん本人もカメオ出演した。学校のシーンは埼玉県立伊奈学園総合高等学校で撮影された。監督は濵田明日也さん。撮影監督は濱田英明さん。プロデューサーは橋本寛人さん。

 

二人とホットミルクティー

ミュージックビデオは、山﨑天さん演じる吹奏楽部の高校生が河川敷を歩く場面から始まる。マフラーに顔をうずめ、何かを思い悩んでいるような表情の山﨑天さん。自転車を押しながら歩く彼女とすれ違う、犬と散歩している通行人はimaseさんだ。

「どうかまた笑って会えるように」。山﨑天さんはクラリネットを取り出し、河川敷で練習をするようだ。約37秒間、構図が変わらず、彼女の横顔が映る。自転車の荷台に楽譜を置いて練習を始めた彼女は一瞬、左を向いて何かをさがす。

「どうかまた笑って会えるように」。再びサビに差し掛かると、滝澤エリカさん演じる吹奏楽部の友人との思い出が走馬灯のように流れ出す。ここで映される数々のシーンは、河川敷にいる最初の場面を現在だとすると、過去にあたる場面だろう。二人が楽譜を確認し合い、現在と同じ場所とみられる河川敷や学校で一緒にクラリネットの練習に励む様子が次々と流れる。ここで映る楽譜によると、山﨑天さんらが練習しているのは行進曲「煌めきの朝」。同曲は2023年の『第71回全日本吹奏楽コンクール』の課題曲の一つだ。ちなみに、撮影の舞台となった伊奈学園総合高校も実際に同コンクールに出場したが、別の課題曲を演奏している。二人が並んで自転車を押しながら河川敷を歩く姿も確認でき、ここは思い出の場所のようだ。自動販売機で「午後の紅茶 ミルクティー ホット」を購入し、日が暮れたあとも練習する姿が描かれる。練習以外でも、学校の廊下を一緒に笑顔で走ったり、教室の曇った窓に絵を描いて遊んだりと、普段から仲がいいことがうかがえる。

引き続き過去だが、場面は変わり、教室の二人は緊張した面持ちになる。全員が大会の本番に出演できるわけではなく、選ばれた部員だけが出演するようで、オーディションのように一人ずつの演奏が始まった。演奏者が誰かわからないようにだろうか、背を向けた学生たちの前で山﨑天さんがお辞儀をしたあと、演奏する。続いて、滝澤エリカさんの番が訪れ、演奏する。背後のホワイトボードには、「コンクールまであと21日」の文字が見える。

そして、大会の本番に出演する部員が発表される。顧問とみられる先生が名前を読み上げるようだ。顧問による発表が終わると、山﨑天さんら部員たちは「はい!」と返事をするが、滝澤エリカさんはうつむいたまま、表情が暗い。山﨑天さんは出演することが決まったが、滝澤エリカさんは選ばれなかったようだ。大会で演奏することが決まった山﨑天さんは、本番に向けて教室で部員たちと練習をするが、そこに滝澤エリカさんの姿はない。放課後、いつものように河川敷で練習に励む山﨑天さんを一瞬、遠目に見た滝澤エリカさんだったが、声をかけずに過ぎ去ってしまう。

大会本番はもうすぐ。階段で楽器を運ぶ部員たちと、踊り場で一人クラリネットの練習を続ける山﨑天さん。近くの窓に滝澤エリカさんが映っていることから、このあと山﨑天さんとすれ違ったとみられる。しかし、山﨑天さんは壁の方を向いて練習しており、滝澤エリカさんが声をかけない限り、気づかないだろう。その後も、山﨑天さんは駐輪場で練習を続けた。

「ただ笑っていられる今日は、僕の隣には君がいるから」。ミュージックビデオ冒頭の河川敷の場面からすると、未来の場面だ。河川敷で一人練習する山﨑天さんを見つけた滝澤エリカさん。今度は、「午後の紅茶 ミルクティー ホット」を2本を持って近づく。二人分を用意していたということは、今日、山﨑天さんに声をかけることを決めていたのだろう。ホットミルクティーで手をあたためながら、「寒いね」と頷き合う二人。約22秒間、構図が変わらず、山﨑天さんが「午後の紅茶 ミルクティー ホット」を飲む姿が映る。飲み終わると、以前のようにまた、二人で練習を始めた。

そして場面が変わり、大会本番。スーツ姿の山﨑天さんが、ほかの部員たちとともにステージに上がる。舞台袖で見守る滝澤エリカさん。演奏が始まる。


 


最後に「恋衣 こいごろも」とタイトルが表示され、クレジット表示へ。「恋衣」は、キリン「午後の紅茶 ミルクティー ホット」とのコラボレーション企画「さむいのに あたたかい ミルクティーのうた produced by imase」で応募があった短歌をもとにimaseさんが書き下ろした楽曲。応募者のペンネームがずらりと表示された。

河川敷を自転車を押しながら歩く二人は山﨑天さんと滝澤エリカさん。そのすぐ近くに犬と座り込んでいるのは、imaseさんだ。


 

 

error: