▶︎ 「恋心」Music Video

Buddies:櫻坂46のファンネーム 山﨑天さんが命名

 

Buddies とは、櫻坂46のファンネーム・ファンの総称で、山﨑天さんが命名した。各メディア、メンバー、櫻坂46公式、ファンなどから広く用いられている。本記事では、“Buddies” の経緯を説明する。

 

“Buddies” の由来は、山﨑天さんがセンターを務める楽曲「Buddies」。読み方は「バディーズ」。同曲は2020年12月9日リリースの櫻坂46の1stシングル『Nobody’s fault』TYPE-Dに収録されており、櫻坂46を象徴する楽曲の一つとされている。

2021年7月9日に富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された『W-KEYAKI FES. 2021』にて、「Buddies」のパフォーマンス中に山﨑天さんが命名した。「Buddies」の間奏中に山﨑天さんがステージ中央に立ち、「今日からみなさんは “Buddies” です!」と宣言した。このシーンは、2022年8月3日リリースの櫻坂46の1stアルバム『As you know?』Blu-ray付に収録されている。山﨑天さんのメッセージを引用する。

山﨑天「欅坂46から櫻坂に変わって、ここに立てていることが本当に誇りです! 私は櫻坂46になって、改めて仲間の大切さに気づきました。辛いときには支え合い、嬉しいときには分かち合える。そんな存在が近くにいることが本当に幸せです! みなさんいつも応援ありがとうございます。今日からみなさんは “Buddies” です!」

引用:2021年7月9日『W-KEYAKI FES. 2021』DAY1 

この瞬間から、櫻坂46のファンは “Buddies”と呼ばれるようになり、“Buddies” と名乗るようになった。ライブ後に櫻坂46 Twitterがリピート配信を告知したツイートではさっそく、「Buddiesの皆さま」と “Buddies” が用いられた。その後、公式サイトの文章でも櫻坂46のファンを “Buddies” と記すようになった。2021年12月9日・10日に日本武道館で開催された『櫻坂46 1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』の特設サイトでは、「Buddies検定」としてクイズ企画が実施された。2022年12月8日・9日には、日本武道館で『櫻坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY ~Buddies感謝祭〜』が開催された。

櫻坂46のメンバーはもちろん、日向坂46など他グループのメンバーも櫻坂46のファンを “Buddies” と呼んでいる。各オンラインメディア・雑誌なども櫻坂46のファンを “Buddies” と記している。

櫻坂46のファンを最初に “Buddies” と呼んだのも、山﨑天さんだった。命名宣言の7か月前、2020年12月8日に開催された『櫻坂46 デビューカウントダウンライブ!!』にて、ファンにメッセージを伝える際に “Buddies” と呼びかけた。山﨑天さんのメッセージを引用する。

山﨑天「櫻坂46の山﨑天です。みんなと皆さんとの “Buddies” なら、櫻坂46は絶対に大丈夫だという絶対心をもって、これから櫻坂46をいろいろな場所に咲かせていけたらなと思います。みなさんよろしくお願いします」

引用:2020年12月8日『櫻坂46 デビューカウントダウンライブ!!』 

 


 

 

櫻坂46 Twitter「Buddiesの皆さま」(2021年7月9日)

櫻坂46『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』SPECIAL SITE「Buddies検定

櫻坂46『2nd YEAR ANNIVERSARY ~Buddies感謝祭〜』SPECIAL SITE

error: